車の運転について

私は幹線道路の近くに住んでいるので、どうしても車の動きが気になります。
朝は7時半から8時間くらいが、一番道路が混みあう時間帯です。

時間に余裕を持って車を運転している人もいますが、中には時間に追われて急ぎ気味に運転している人もいます。
そういう人の運転は荒く、右折でもほとんど減速をしないで突っ込んできます。

あれだけスピードを出していても、よく事故が起きないものだと不思議に思ってしまいます。
幹線道路なので、警察がしょっちゅう見張っています。

パトカーのサイレンの音と、警察官のスピーカーから流れる注意勧告の声があたりに響き渡ります。
1日のうちに何度かそのような光景を目に、耳にします。

私が住んでいる地域では、ほとんどの人が車に頼り切っている生活をしています。
ドアtoドアで足代わりにしている人も大勢います。

車が多い分、いろいろな運転をしている人がいます。
特に交差点を徒歩や自転車で横断する時は、車の動向を気にしながら渡っています。
中には自分優先で歩行者を見ずに突っ込んでくる運転手がいるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です