• 安価な塗装業者で修理した中古車を見分ける方法

    近頃の車は技術の進歩で自然に塗装が剥げてくることは無くなっていますが、それはきちんと自動車メーカーで塗装された車の話です。

    キズやヘコミなどを修理して塗装した場合や、色を変えるため全塗装されたような車は、塗装した人の技術や塗料が原因となり、後々塗装に問題が出てくる場合があります。

    車の塗装をするのはスプレーで吹き付けるだけの簡単な作業だと思っている人もいるようですが、高度な技術のいる作業です。車に詳しい人でも塗装は別で、車屋で塗装してもらう人が多いと思います。

    ○安価な塗装業者には要注意

    たとえばボンネットを同色で塗装して貰う場合の金額は業者によって違い、安い業者で1万円、高い業者で5万円ぐらいだと思います。4万円も差額があることに驚く方もいるかもしれませんが、これぐらいの差が出ます。

    どの塗装業者に塗装してもらっても車を受け取った時には、きちんと塗装されているはずですが、安価な業者に依頼すると、1~3年後に問題が出てくることがあります。

    悪い塗装をするとこのような不具合が出てきます。

    ・塗装中に車体にゴミが付いたままになって、塗装が盛り上がってくる
    ・塗装の仕上げが悪いため、クリア層が塗装後1~3年で剥げてくる
    ・クリア層の塗りが薄く数年たつと艶が無くなる
    ・防錆処理が甘いため塗装の内側が錆びてくる

    塗装はチリやホコリが無い密閉空間(塗装ブース)で行われます。塗装中に車にゴミがつくと、その部分が盛り上がってしまいます。よく見ないと気づきませんが,環境の悪い場所で塗装している業者に良く見られます。

    車の塗装は表面にクリア層と呼ばれる透明の塗装を塗って仕上げます。これで車の艶を出しているのですが、クリア層が剥げてくると艶が無くなり、その次にボディの鉄が見えてきてしまいます。

    塗装の内部は防錆処理されていますが、処理がきちんとできていないと塗装内部がサビてきます。

    ○素人の塗装は失敗することが多い

    車の塗装は、気温や湿度、ボディの温度などによってトラブルが起きやすいので、素人が簡単にできるものではありません。スプレー缶を使ってミニバンを塗装するという猛者もいますが100%成功しません。

    自分で塗装したいと思っても、レンタルガレージなどが提供している塗装ブースを借りてするのが良いでしょう。

    今後売る予定の車を塗装するのであれば絶対にプロに頼んだ方が良いでしょう。しかし、塗装代金以上に査定額は上がりませんので、売る直前にキズを消すために塗装する必要はないでしょう。

    人気のない車の色を全塗装して人気のある色に変えてしまおうという人もいますが、全塗装となると20~30万円はかかりますし、元は取れませんのでやめたほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です